葬式の種類を解説!一番安いのは?

葬式にはいくつかの種類がある

葬式にはいくつかの種類がある画像

 

葬式と聞くと葬儀会館などで盛大に行うというイメージがある人も多いのではないでしょうか。

 

日本では昔から参列者を制限せずに、関係者全般が集うようなタイプの葬式が一般的です。

 

そのため故人と面識がない場合でも、社会的な縁や義理などによって参列する人も多いのではないでしょうか。

 

実際にこういったタイプの葬式を行なっている家庭も少なくないと思います。しかしこういった日本古来の一般的な葬式は費用が高額なんですよね。

 

ちなみに日本古来の一般的な葬式は150万円くらい費用や料金が必要だとされています。

 

ではほかにはどのような葬式の種類があるのでしょうか?

 

家族葬

 

家族葬は参列者を家族や親族など故人を知る親しい人のみに限定するタイプの葬式で、一般的な葬式と比べて小規模な葬式になります。

 

遺族が希望する人のみが集まるというタイプの葬式で、5人から30人くらいが集まるのが目安になる葬式になります。

 

費用や葬儀社によって異なってきますが、30万円以上くらいが目安になってくると思って良いと思います。

 

直葬

 

直葬は葬式で通常行われるような儀式的なものを除いて、限られた近親者や親族によって祭壇を設けずに安置だけによって故人を弔う簡易的な葬式になります。

 

費用についてはこちらも葬儀社によって違ってきますが、目安としては10万円から30万円くらいだと思っていいと思います。

 

無葬

 

無葬は表立った弔いはせずに、火葬場へ直行して故人を火葬するという葬式タイプになります。立会いは故人の親族のみの場合が多く、業者にすべてを委託することも可能になっています。

 

費用は上記のように葬儀社によって異なってきますが、7万円から15万円くらいになります。

 

家族葬を行う家庭が増えてきている

家族葬を行う家庭が増えてきている画像

 

近年は昔と違って、こうしなければならないという葬式スタイルがなくなってきており、昔のように通夜と葬儀や告別式を2日に渡って行うような内容を1日で行うワンデイ葬儀など、葬式にも合理化の波が押し寄せています。

 

他にも葬式は身内だけでシンプルに行って、後でホテルやレストランで友人らを交えて「お別れ会」を行うスタイルの葬儀スタイルもあったります。

 

葬式は昔のように見栄や体裁を取り繕うというよりは、費用対効果が重視されてきているので、納得度が高い葬式が意識されるようになって、葬儀社選びも注目されるようになってきています

 

そうした葬式のトレンドを反映しているのか、近年は一般的な葬式よりも費用が安くて小規模に行うことができる「家族葬」が人気になっています。

 

一般的な葬式と比べると費用をかなり安く抑えることができるので、非常に人気になっています。

 

おそらくこれからは一般的な葬式よりも家族葬が当たり前に時代になってくると思います。しかし葬儀社としては家族葬は安いのであまり利益がでないです。

 

そのため悪質な業者はこういった葬式の種類を説明せずに、一般的な費用が一番高額な葬式を勧めてくる可能性があります。

 

悪質な葬儀社に依頼しないためにもしっかりと葬儀社を比較することが大事になります。

 

当サイトでは無料で葬儀社の一括比較をできるサービスを載せているので参考にしてください。

 

家族葬に強い葬儀社を探す

 

葬儀会社の一括比較はこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加