葬儀社の種類は4つに分類できる

葬儀社は運営によって4つの種類がある

葬儀社は運営によって4つの種類がある画像

 

葬儀社と聞くと何となく葬儀専門会社をイメージする人が多いかもしれないですが、実はそういったことはないんですよね。

 

葬儀社については異業種などから参入があったり、団体のようなところも行っていたりして、意外と色々なタイプの運営会社から行われています。

 

葬儀社の運営によってサービスや料金システムなどが違っていたりするので、どういった運営母体が行っている葬儀社なのかを知っておくことも葬儀社選びの参考になります。

 

そして葬儀社の運営は大きく分けて「専門葬儀社」と「冠婚葬祭互助会」と「農協や生協・漁協」と「異業種企業」に分類されます。

 

下記でそれぞれの運営母体の特徴について解説しているので参考にしてください。

 

専門葬儀社の特徴とは

 

専門葬儀社はその名前の通り、葬儀を専門に行っている葬儀社になります。

 

おそらく多くの人は葬儀社といえばこういったタイプの葬儀社を想定しているのではないでしょうか。

 

専門葬儀社とは言っても、家族経営規模のものから地元密着型、市や県規模で依頼が可能な中小企業クラスのもの、さらには全国規模で展開する大手企業もあります。

 

さらに自社で葬儀を行える施設、つまり葬儀会館を持っているか持ってないかということもあり、葬儀会館を持ってない葬儀社は公営の式場や寺院の葬儀ホール、自宅などを利用して葬儀を行います。

 

このタイプの葬儀社は葬儀専門ということで葬儀に慣れているというメリットはありますが、葬儀費用にばらつきがあり、悪徳葬儀社はこのタイプに存在するというのがデメリットです。

 

葬儀費用が不明瞭な場合もあるので、専門葬儀社に依頼する際にはしっかりと葬儀費用を確認する必要があります。

 

冠婚葬祭互助会の特徴

 

冠婚葬祭互助会は会員になって前払い金の掛け金を毎月払って、冠婚葬祭に必要な費用を積み立ているタイプの葬儀社になります。

 

意外となじみがない人も多いのではないでしょうか。満期まで払えば予め支払う際に説明されたサービスを受けられるというタイプの葬儀社になります。

 

また差額を払うことによって会員特典が受けられたりしますが、中途解約する際には手数料が必要なってきます。

 

互助会と聞くと、何かの公共団体のような感じがしますが、実際には独立した民間企業であるので誤解しないようにしましょう。

 

こういった公共団体のような思い込みを利用して、満期後にいざ葬儀を行うという時に、追加のオプションが必要になってかなりの金額になってしまうような業者もあるので注意が必要です。

 

冠婚葬祭互助会と言っても民間企業なので、専門葬儀社のような厳しい目線で葬儀社選別するといいです。

 

農協や生協・漁協での葬儀の特徴

 

農協や生協・漁協といった団体が葬儀サービスをやっているのは以外に感じる人もいるかもしれないですが、組合員を対象にして葬儀サービスもやっているんですよね。

 

農協の場合には組合員以外の葬儀も手がけているので、利用できるとしたら農協の葬儀サービスになるんでしょうかね。

 

基本的にこういった団体は葬儀社と提携しており、公共団体なので価格が明瞭なのが大きなメリットになります。

 

ただ場所によっては行ってない場合もあり、事業者によってサービス内容が違ったりするので確認が必要になってきます。

 

異業種企業の葬儀の特徴

 

葬儀業界って意外と異業種参入の多い職種なので、墓石販売会社や仏壇会社、生花業者、鉄道業者やホテルやブライダル企業など色々な企業が自社のメリットを利用して葬儀を手がけています。

 

どの企業に葬儀を依頼するかによって、葬式内容や質などが大きく違ってきたりするので、検討が必要です。

 

異業種企業による葬儀については、その業種によって価格や規模が大きく違ったりしてくるのでなかなか選ぶが難しいと思います。

 

そもそも葬儀業界って異業種が簡単に参入できる業界なのか疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。

葬儀費用が高額なのは定価や規格がないから!

葬儀費用が高額なのは定価や規格画像

 

葬儀業者を所管しているのは経済産業省なので、葬儀業を行うには色々な届出や許可が必要なのではないかと思っている人もいるかもしれないですですが、実際には許認可は不要の業界なんですよね。

 

つまり葬儀業に参入するのには届け出義務もなく規制もないということです。

 

規制や届出の必要もないので、色々な異業種が参入しやすい業種で新規参入しやすい業界でもあります。

 

さらに価格やサービス、契約方法や葬式内容に至るまで葬儀社に任されているので、葬儀社によって葬儀費用に価格差があるのは当然の話なんですよね。

 

何しろ葬儀費用には定価という概念がないですからね。

 

正直言って、葬儀業界には悪質な葬儀社も結構いるので、個人的にはある程度の価格などのガイドラインは必要なのではないかと思いますが、現状は規制がない状態なので仕方がないですね。

 

そういった意味では葬儀業界は良い企業と悪い企業がかなり明確に分かれる業界だと思っていいです。

 

葬儀選びの際には「お布施を含めて○○万円まで」というような予算上限をしっかりと決めて、複数の葬儀社から見積もりをもらって比較することが大事になります。

 

当サイトでは複数の葬儀社から無料で見積もりを得られるサービスを紹介してるので、葬儀社選びに利用してはどうでしょうか?

 

葬儀社の無料一括見積もりサービスについて

 

葬儀社の無料一括見積もりサービスはこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加