葬式費用とはどのようなものが含まれるのか

葬式費用は5つの代表的な費用で構成されている

葬式費用は5つの代表的な費用で構成されている画像

 

葬儀を行う際に葬式費用がどのような中身で構成されているのかよく分からない人も多いのではないでしょうか。

 

葬式費用の中身を知っていると、葬儀社で提案されたプランに入ってないものなのを見つけることができ、後でオプションとして請求されるかもしれない部分を指摘することができるので結構大事です。

 

そもそも葬式費用の中身について知らない人は多いのではないでしょうか。

 

葬式費用がどのような中身で構成されているのか下記で5つ載せているので参考にしてください。

 

葬儀費用を構成する5つの料金内訳

 

基本的な葬儀施行費用

 

簡単言うと葬儀を行うための費用になります。霊柩車や移動費なども含まれているもので、これが一番基本的な費用だと理解している人も多いのではないでしょうか。

会場使用料

 

葬儀場所の使用料になります。どこで葬儀を行うかによって費用が違ってくるので、この部分もしっかりと抑えておきたいですね。ちなみに自宅で行う場合には当然ですが無料です。

会葬者への接待飲食費

 

葬儀の規模によっては会葬者への接待飲食費は結構な金額が必要になってきます。返礼品や車代なども必要になってくることもあり、費用が高額化しやすいので、最近では家族葬などの身内だけの葬式が広まってきています

火葬費用

 

火葬に必要な費用になります。ある意味では一番重要な費用と言えます。葬式をする際には絶対に欠かせない費用なのでチェックしておきましょう。

宗教者へのお礼

 

読経や戒名授与でのお布施などお坊さんに支払う費用なども考える必要があります。

 

葬式費用の5つの大きな構成要素は上記のような感じになります。

 

何となく葬式費用といえば、一番上の葬儀施行費用だけを想像している人が多いですが、実際には会場や接待費やお布施など色々な費用が必要だということがわかります。

 

こうした費用を総合すると葬式費用の平均すると137万円くらいになってきて、場合によっては200万円近くににもなります。

 

そんな葬式ですが、法律的には絶対に実施しないといけないものなのでしょうか?

 

法律的には葬式をする義務はない!

法律的には葬式をする義務はない画像

 

何となく昔からの風習で葬式は絶対に行わないといけないものと思っている人も多いですが、実際にはそんなことはないです。

 

葬式は別に絶対にやらないといけないというものではなく、極論するとやらなくてもいいんですよね

 

法律で定められているのは遺体を火葬することなので、葬式をしなくても法律上は問題ないです。

 

葬式をやる目的は故人を弔うことと残された遺族の気持ちを整理をつけるということなんですよね。

 

つまり葬式は気持ちの問題ということです。

 

とは言ってもやはり故人のことを思うと葬式くらいはあげてあげたいものですよね。

 

そういった経済的な影響や葬式への知識が広まったためか、葬儀社のいいなりになって大規模な葬式を行う人が少なくなってきた昨今では家族葬が多くなってきています。

 

そうした中で葬式費用も昔よりはすこしづつ低価格化してきています。

 

葬式費用は昔よりも安くなってきている

葬式費用は昔よりも安くなってきている画像

 

葬式費用は大規模にするとそれだけ費用がかかってきますが、最近では身内だけで行う家族葬が主流になってきており、その結果として費用がかなり安くなってきています。

 

実際に近年は血縁関係の希薄化が進んできており、親戚関係の付き合いを積極的に行っているという人も少なくなってきているのではないでしょうか。

 

こうしたことから葬式に呼ぶ人も少なくなっているというのも葬儀の小規模化の要因になっており葬式費用が安くなっている原因になっています。

 

さらにネットによって葬儀費用について詳しく世間に広まってきて、葬儀業者間で価格競争が起こってきた結果として安くなってきているという側面もあります。

 

元々葬儀費用は高額だといわれてきており、これまで何となく葬式料金って中身が不透明で、葬式をお金で論ずるのはタブーのような雰囲気がありましたが、ネットによって情報が広まると悪質業者の存在などもネットで知られるようになって、価格が大分安くなってきたのだと思います。

 

また昔は世間を気にする体裁や見栄などによって大規模な葬式を行う人が多かったですが、近年ではそういった見栄や体裁よりは実際価値を重視するような合理的な価値観に変わってきているので、価格や価値を見て総合的に判断して合理的に葬式プランを決めるというのが普通になったというのも葬式費用が安くなってきた背景にあると思います。

 

そもそもこれまでの葬式費用が高額すぎたので、近年になって適正になってきたと解釈していいと思います。

 

葬式は故人や遺族のために必要なものですが、過剰なドライアイスなどの余計なオプションを付けられても意味ないですからね。

 

しっかりとした葬儀社選びは費用を安くするのはもちろんですが、いい葬式を行うためにも非常に大事なことです。

 

当サイトでは無料で葬儀社を比較できるサービスを載せているので、葬儀社選びの参考に利用してはどうでしょうか。

 

葬儀社の無料一括見積もりサービスについて

 

葬儀社の無料一括見積もりサービスはこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加