葬式依頼してはいけないダメな葬儀社とは?

葬式依頼する前にダメな葬儀社について知っておこう!

葬式依頼する前にダメな葬儀社について知っておこう!画像

 

葬式をする際には、多くの人が何の準備もなく病院からそのまま故人の搬送をした葬儀社に任せている人も多いかもしれないですが、その葬儀社がしっかりとした葬儀社とは限りません。

 

実際に必要のない余計なオプションなどを勝手に付けられてしまって、葬式費用が高額になってしまったというケースは少なくないです。

 

実際に日本の葬式費用は高額すぎるんですよね。ちなみに日本の葬式費用の全国平均は137万円にもなります。

 

さらに首都圏では189万円が平均になっているので、どれだけ葬式費用が高額なのか分かると思います。

 

こうした普通に費用が高額な葬式費用ですが、悪徳葬儀業者に引っかかるとさらに料金が高くなるので注意する必要があります。

 

しかし葬式費用や料金については不透明な部分が多く、どのような基準でどういった料金が適正なのかわからず、どういった葬儀社がいいのか判断が付かない人も多いと思います。

 

そこで葬儀社に依頼する前にしっかりと除外するべきダメな葬儀社について知っておくといいです。

このような葬儀社に葬式依頼してはいけない!

このような葬儀社に葬式依頼してはダメ!画像

 

葬儀社選びでどのような葬儀社を選んではいけないのか下記でチェックポイントをいくつか載せているのでよかったら参考にしてください。

 

こんな葬儀社はダメ!

 

葬式の依頼をしても見積もりを出さない

葬式費用はただでさえ料金設定が不明瞭なので、具体的な内容が記載された見積書を出さないような葬儀社は料金を騙す可能性があるので注意が必要です。

葬式費用の金額について説明が不明瞭

葬式費用や金額についての説明があやふやな場合には、後ろめたいことがあると考えていいと思います。

根拠のない割引や過剰な会員割引がある

良くわからない根拠のない割引や、会員になると大幅な値引がある場合には、最初から割引分を上乗せして過剰に費用を計上している可能性がある。

セールストークで「世間体」や外聞などを引き合いに出す

葬式費用で余計なオプションを付けさせるために、セールストークで「世間体が悪い」や「故人が成仏できない」など遺族の弱みに付け込むようなセールストークをする葬儀社は良くないです。

決断を急がせたり自社の都合を優先する

自分の会社の都合を優先して、受注獲得を急がせるような葬儀社は満足のいくサービスを行ってくれる可能性は低いです。

専門用語を多用したり専任担当者が決まってない

顧客のことをまったく考えてない対応で、特に専任担当者が決まってないと詳しい相談や要望を伝えることができず、しっかりとした対応を受けられないです。

 

基本的にはこういった葬儀業者に依頼するのは止めておいた方がいいと思います。

 

特に葬儀費用については不明瞭な部分が多いので、見積もりや金額についてはしっかりと確認しておくことが大事です。

 

後で追加料金などが請求されないかなどもしっかりと確認しておくといいと思います。

 

ちなみに当サイトではそんな葬儀社について無料で比較できるサービスを紹介しているので良かったら参考にしてください。

 

葬儀社選びは比較することが大事

 

葬儀会社の一括比較はこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加